English Japanese
IER活動記

令和4年度

令和4年4月13日 駐日ポーランド大使が来所しました。

SATREPSチェルノブイリプロジェクトメンバーと意見交換SATREPSチェルノブイリプロジェクトメンバーと意見交換

令和4年4月13日、駐日ポーランド共和国大使館から特命全権大使パヴェウ・ミレフスキ閣下とマウゴジャータ・シュミット二等書記官が来所されました。ポーランドでは、今後のエネルギー転換に向けて、再生可能エネルギーの拡大や原子力発電所の建設および緊急時対策の検討段階にあり、昨年11月に本学を訪問されたコルスンスキー駐日ウクライナ特命全権大使の紹介でミレフスキ大使の来訪が実現しました。最初に三浦学長を表敬訪問され、その後IERにて研究者らと懇談されました。

三浦学長との会談の中で、大使がポーランドはウクライナからの避難者を難民としてではなく、隣国の兄弟・客人として民家や施設を開放して受け入れていることをお話しされると、学長は、福島大学も前日に教職員からの寄付を駐日ウクライナ大使館に届けたことや、今後もウクライナとポーランドを継続支援していきたい意思を伝えました。また、チャリティコンサートや被災した子供たちの心のケアなど、災害・人道支援では芸術が果たす役割が非常に大きいという認識を共有しました。

IERに移動後は、ウクライナ人研究者3人を含むSATREPSチョルノービリプロジェクトメンバーが、河川・森林・海洋への放射線の影響や、今回の戦争による放射線リスクの予測モデリングについてプレゼンテーションを行いました。大使は、日本とも共通する課題である脱炭素社会の実現のためには、ポーランドでも新エネルギーや原子力発電の分野における研究や専門家育成が必要であると認識しており、本学とポーランドの研究機関や大学との協力関係構築に向けて大使館としてもサポートしていきたいと述べました。

ミレフスキ駐日ポーランド大使が三浦学長を表敬訪問 ミレフスキ駐日ポーランド大使が三浦学長を表敬訪問
ミレフスキ駐日ポーランド大使が三浦学長を表敬訪問
SATREPSチェルノブイリプロジェクトメンバーと意見交換 SATREPSチェルノブイリプロジェクトメンバーと意見交換
SATREPSチェルノブイリプロジェクトメンバーと意見交換

令和4年4月13日 脇山義史准教授が研究成果を発表しました。

脇山准教授が発表している様子。脇山准教授が発表している様子。

4月13日(水)に行われた福島大学定例記者会見にて、脇山義史准教授が研究成果「浜通り地域の河川における出水時の放射性セシウムの動きを解析」を発表しました。

本成果は国際学術誌「Science of the Total Environment」に掲載されています。掲載論文は環境放射能学専攻 修士課程(現・博士前期課程)の第1期生で、2020年度に卒業した新井田拓也さんが筆頭著者となっています。

環境放射能学専攻修了生を筆頭著者とする初めての国際論文であり、本研究所が行う研究教育の質の高さを示すものです。今後とも国際社会において活躍できる人材の育成に努めて参ります。

論文に関して、詳細はこちらをご覧ください。

脇山准教授(左)と新井田拓也さん(右) 脇山准教授(左)と新井田拓也さん(右)

令和4年4月4日 環境放射能学専攻に新入生を迎えました。

写真1:新入生7名(1名はオンラインでの参加)写真1:新入生7名(1名はオンラインでの参加)

4月4日、福島大学で令和4年度入学式が行われました。大学院共生システム理工学研究科環境放射能学専攻の博士前期課程に4名、博士後期課程に3名、合計7名が入学しました。

入学式・ガイダンス後の対面式では、難波所長の挨拶の後、教職員と新入生がお互いに自己紹介を行いました。学生にとって実りある年月となるよう、教職員一同全力で教育・支援を行っていきます。

写真2:新入生7名、教職員ととともに 写真2:新入生7名、教職員ととともに