English Japanese
IER活動記

令和3年度

令和3年12月20日(月) IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<ロマンチュック博士>

日 時 :2021年12月20日(月)午後2:40 – 4:10
場 所 :オンライン(Zoom)
外部講師 :アンナ・ロマンチュック博士、ロモノーソフモスクワ国立大学化学部
タイトル :Processes to be considered in modelling of radionuclides migration

環境放射能専攻博士前期課程の授業の一部講義では、著名な研究者を講師として招き、その講義を「特別セミナー」として学内の教員等にも公開しています。

12月20日、アンナ・ロマンチュック教授による「環境放射能学Ⅱ」の講義には、IER大学院修士課程学生3名、博士課程学生1名、IER研究者数名が参加しました。

ロマンチュック教授は、環境中のアクチノイドの動態と移動に関する物理化学的プロセス(吸着・脱着、錯形成、酸化還元、溶解・沈殿など)について説明しました。アクチノイドは環境中で溶解度や移行性の異なる複数の酸化状態で存在する可能性があり、環境中の挙動を正確にモデル化することは容易ではありません。ロマンチュック教授は、アクチノイドとハロゲン化物、炭酸塩、天然有機物との錯形成反応など、加水分解過程について詳しく解説しました。また、環境中のアクチノイドの固液分布を特定し、モデル化するためのアプローチについて、特に環境中のPu同位体の挙動に焦点を当てながら説明しました。環境中のアクチノイドの挙動とそのモデル化に関する事例として、ロッキーフラッツ工場汚染地域(米国)、ネバダ核実験場(米国)、マヤック再処理工場(ロシア)、セラフィールド再処理工場(英国)、チェルノブイリ原発汚染地域と「赤い森」(ウクライナ)が紹介されました。講義後には、学生や研究者から様々な質問が出され、有意義な議論が行われました。

令和3年12月11日(土)郡山市で第16回研究活動懇談会を開催しました。

郡山市のビックアイ7階にて、研究活動懇談会を開催しました。この懇談会は、研究成果を地域に還元するために2016年より定期的に開催しているもので、当研究所にとって重要な活動です。

詳しくはこちらをご覧ください。

令和3年11月29日(月)第7回IERセミナーを開催しました。
<鳥居先生特任教授 石庭特任助教 金指研究員>

日 時 :2021年11月29日(月)14:00~15:45
発表者 :金指 努 プロジェクト研究員
石庭 寛子 特任助教
鳥居 建男 特任教授 (発表順)
演 題 :Relationships of 137Cs between riparian forests and headwater streams: Leaflitter and aquatic insects in streams (金指)
Oxidative stress on male reproductive organ of wild mice living in Fukushima evacuation zone(石庭)
R & D of two radiation detectors based on new concepts(鳥居)
金指研究員の発表の様子金指研究員の発表の様子

環境放射能研究所(IER)では、所属教員同士の交流、研究内容の研鑽を目的に、所属教員による研究成果報告会「IERセミナー」を定期的に行っています。

11月29日に開催した令和3年度第7回IERセミナーでは、金指努プロジェクト研究員、石庭寛子特任助教、鳥居建男特任教授が発表を行い、オンライン聴講を含め、教職員、大学院生ら計18名が参加しました。

金指プロジェクト研究員は、福島県の河川上流域の生態系における食物網と137Csの動態との関係について調査しています。渓畔林から渓流に供給される落葉やそれを養分源とする水生昆虫等の137Cs濃度を測定し、放射性セシウムの生物濃縮が起きているかなど、分析結果について発表しました。

石庭特任助教は、福島県の避難区域に生息する野生アカネズミの生殖組織における酸化ストレス応答に関する研究において、対照区で採取したアカネズミとの比較分析から、外部被ばくにより酸化ストレス反応が発生するのか、どのような細胞に発生するのか、について発表しました。

鳥居特任教授は、新しいコンセプトの2つの放射線測定器の研究開発について発表しました。小型・軽量化された測定器システムを建物内でも飛ばせる小型ドローンに搭載して放射線源を特定する構想について、今までの測定器との比較を交え説明しました。操作が簡単で安価な測定器の開発に成功すれば、廃炉作業が進む福島第一原発の原子炉建屋天井付近の線量測定への活用が期待されます。質疑応答ではサンプルを見せながら質問に答えていました。

各発表後は発表者への様々な質問や意見などが交わされました。

石庭寛子特任助教の発表 石庭寛子特任助教の発表
鳥居建男特任教授の発表 鳥居建男特任教授の発表

質疑応答の様子
質疑応答の様子

令和3年11月12日(金) 富岡町との環境放射能研究に関する連携協力ついての申し合わせ調印式を行いました。

意見交換の様子意見交換の様子

 福島大学環境放射能研究所(IER)と福島県富岡町は、IERが富岡町内で行っている環境放射能研究に連携協力することで合意し、この申し合わせに関する調印式が富岡町役場にて行われました。富岡町からは山本町長、髙野副町長、坂本産業振興課長、IERからは難波所長とヨシェンコ教授が出席されました。

難波所長とヨシェンコ教授から、これまで富岡町で実施している調査の経緯とその成果を富岡町の復興に役立てるための今後の展望について説明があり、山本町長からは、町民の放射能に対する不安低減に向けてIERとの連携協力を進める意向が示されました。その後、出席者全員による活発な意見交換において今後の研究活動や期待される成果などを確認した後、山本町長と難波所長が申し合わせ書に署名しました。

この申し合わせに基づき、IERが2017年から継続している富岡町内の私有林におけるスギ・ヒノキの放射性セシウムの挙動・動態に関する調査結果を町役場と共有することになります。これによって、町の森林管理全般や林業施策、町のニーズに応じた研究の企画に役立つことが期待されます。また、富岡漁港での海水中の放射性セシウム濃度の観測結果や富岡川の魚類調査などの結果も町役場に報告し、今後の復興に向けた町による取り組みに反映されることが期待されます。

申し合わせ書を交わす(右から)山本町長と難波所長、ヨシェンコ教授
申し合わせ書を交わす(右から)山本町長と難波所長、ヨシェンコ教授

令和3年11月11日 駐日ウクライナ特命全権大使セルギー・コルスンスキー閣下が来所しました。

令和3年11月5日(金) IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<ゲオルグ・シュタインハウザー博士>

令和3年10月29日(金) 中央大学のみなさんが来所しました。

令和3年10月25日 第6回IERセミナー を開催しました。<塚田教授>

令和3年10月18日(月)第5回IERセミナーを開催しました。<大学院生>

令和3年10月11日(月)、12日(火)国際シンポジウムを開催しました。

令和3年10月7日(木) 福島県立福島高等学校の皆さんが来学しました。

令和3年9月27日(月)第4回IERセミナーを開催しました。<難波所長 林准教授>

令和3年9月4日(土)、5日(日) 環境放射能学セミナーin伝承館をオンライン開催しました。

8月30日 第3回IERセミナー を開催しました。<辰野研究員>

8月6日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<石井弓美子 主任研究員>

8月6日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<ウラジーミル・ペトロフ博士>

7月19日 第2回IERセミナーを開催しました。<高田特任准教授>

7月5日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<橋本昌司 主任研究員/准教授>

6月22日、6月29日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<渡辺嘉人 博士>

和田准教授・高田特任准教授による研究プロジェクトがfoRプロジェクトに指定されました。

令和3年6月22日 ヴァシル・ヨシェンコ教授が福島県立福島高等学校で講義を行いました。

令和3年6月21日 第1回IERセミナーを開催しました。<脇山准教授 五十嵐特任助教>

令和3年6月7日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<スタニスラフ・ゲラスキン博士>

令和3年6月1日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<グシエフ・マキシム専門研究員>

令和3年5月18日、5月25日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<トーマス・ジョンソン博士>

令和3年5月17日 IER特別セミナー (オンライン)を開催しました。
<ネロ・ホーレマンス博士>

令和3年4月5日 環境放射能学専攻博士前期課程・後期課程 令和3年度新入生の顔合わせを行いました。