English Japanese
地域貢献

地域との懇談会

福島大学環境放射能研究所(IER)では、環境放射能分野での最先端研究を実施する唯一の学術研究機関としての役割と放射能汚染問題を抱える福島県に存在する研究機関としての役割を担っています。とくに福島県の避難指示区域などをフィールドとして、各地方自治体の職員の方々や、地域住民のみなさまのご理解・ご協力のもと研究を実施しています。IERでは、その研究成果について、地域の方々へフィードバックし、参加者からの率直な声を聞く場として、研究活動懇談会を実施しています。

令和2年11月27日(金) 楢葉中学校で第15回研究活動懇談会を開催しました。

日 時 :令和2年11月27日(金)13:25~15:15
場 所 :福島県双葉郡楢葉町立楢葉中学校
発表者 :塚田 祥文 教授
演 題 :2011年の事故後の環境放射能
生徒代表による発表の様子 生徒代表による発表の様子

11月27日に今年度2回目となる研究活動懇談会を行いました。
農作物への放射性物質の影響について研究する塚田教授が楢葉中学校を訪問し、1年生から3年生の全校生徒約40名と先生方へ放射線教育の一環として講演を行いました。当日は塚田研究室修士2年の菊池美保子さんも参加しました。

福島県双葉郡楢葉町は、面積の多くが福島第一原子力発電所から20km圏内にあり、事故後、大部分が避難指示の対象地域となりました。2015年9月に全域で避難指示解除となり、楢葉中学校は2017年度より町内での教育活動を再開しています。

講演を行う塚田教授 講演を行う塚田教授

講演に先駆けて、有志で町内の放射線量を計測した生徒さんが、計測の結果や放射線に関して調べたことについて感想を述べました。その中でも代表の3年生2名は、スライド資料を使いながらの大人顔負けの発表でした。「町内でも線量が高いところと低いところがあるが、普段生活しているところは十分に線量が低く安心した」「除染のおかげで再び楢葉で生活できていることがわかった」といった感想があがり、自分たちで実際に線量を測る活動によって、改めて放射線に対する不安を払拭できたようでした。

真剣な表情で聞き入る生徒の皆さん 真剣な表情で聞き入る生徒の皆さん

塚田教授の講演では放射線の歴史など基礎知識から始まり、土壌中の放射性物質が農作物に移動するメカニズム等について図やグラフを示しながらお話しされました。中学生の皆さんには、やや難しい内容も含まれていたと思いますが、真剣な表情で聞き入っている姿が印象的でした。後日、担当の先生に伺ったところ、ほとんどの生徒さんが「講演を聞いて放射線について前よりも詳しくなれた」と話していたそうです。休憩時間や講演後には、目には見えない放射線のイメージを掴んでいただければと、用意した霧箱で放射線が飛ぶ様子を観察していただきました。興味津々といった様子で霧箱を眺める生徒さんからは、自分でも霧箱を作ってみたいという声も聞こえました。

霧箱を囲んで放射線を観察 霧箱を囲んで放射線を観察

楢葉中学校の全校生徒数は、震災前は約300名だったところ、現在は39名とのことです。それでも、地域振興の活動等も積極的に行われているということで、真新しい校舎には生徒の皆さんの活気を感じました。

「日本一放射能に詳しい中学生になるんだよ」と言って授業をしているという理科の先生の言葉がありましたが、今回の懇談会が生徒の皆さんが放射能に対する正しい知識を深めるための一助になれば幸いです。

懇談会の最後に感想を述べる生徒さん 懇談会の最後に感想を述べる生徒さん
生徒の皆さんと記念撮影(写真撮影のときのみ、マスクを外しました) 生徒の皆さんと記念撮影(写真撮影のときのみ、マスクを外しました)

令和2年11月14日(土) 福島市で第14回研究活動懇談会を開催しました。

日 時 :令和2年11月14日(土)16:00~17:30
場 所 :下鳥渡集会所(福島市)
発表者 :森高 祥太 共生システム理工学研究科環境放射能学専攻 修士2年
難波 謙二 所長 / 教授(質疑応答)
演 題 :福島県における水田の代かきによる河川への放射性セシウム流出の評価
代かきの様子 代かきの様子(福島市下鳥渡)

今年度初めての開催となる研究活動懇談会を福島市内の下鳥渡集会所で開催しました。懇談会には、研究に協力いただいた地元の農家の皆様11名にお集まりいただき、「福島県における水田の代かきによる河川への放射性セシウム流出の評価」と題して研究報告を行いました。

発表者の森高祥太さんは、環境放射能学専攻修士課程で阿武隈川の放射性セシウムの動態を研究しています。2017年から難波研究室にて阿武隈川河川水の観測と解析を始め、2019年からは修士課程でIER和田准教授の元研究を継続してきました。修士論文の研究課題では、阿武隈川河川水の溶存態(イオンの状態で水中に溶けている)セシウム137濃度が5月に急上昇する季節変化に着目。5月に増加する一因として、田植え前に田んぼに水を引き、土をならして柔らかくする代かき(しろかき)が関係しているのではないかと考えました。

代かき時の水田での調査 代かき時の水田での調査

そこで、福島市内の下鳥渡地区の稲作農家の皆様に協力をいただき、代かき前後の水田や水田に繋がる水路を流れる水のセシウム137濃度を調査し、本流である阿武隈河川水の調査結果と比較しました。 今回の懇談会では、その調査結果が報告されました。

発表では、阿武隈川流域のセシウム137の動態の概要から始まり、サンプリング地点や調査方法、調査結果について写真や図を交えて詳細な説明がありました。調査では、1000~4000リットルの河川水を採取して分析し、その結果からは、代かきの時期に河川水のセシウム137濃度が上昇しており、水田土壌のセシウム137が代かきにより一定程度河川に流出する可能性があることが考えられました。本研究では代かきによる濁水流出量の定量化などの課題がある一方、研究成果は阿武隈川流域の放射性セシウムの輸送経路や運搬メカニズムの解明につながることが期待されます。

研究成果を発表する森高さん 研究成果を発表する森高さん

発表後の質疑応答では難波所長も加わり、ご参加いただいた皆様からは、サンプリング方法や田んぼの放射性セシウム吸収抑制対策*についてなど、多くの質問やご意見をいただきました。今回いただいた貴重なご意見を参考に、IERでは今後も成果報告や懇談の機会を設けながら、地域の皆様のご理解ご協力のもと研究活動を継続してまいります。

下鳥渡集会所で行われた懇談会の様子 下鳥渡集会所で行われた懇談会の様子

(*注)福島県では田植え前にゼオライトやカリウム施肥を実施し、稲のセシウム吸収を防止する対策が実施されています。すべての県産米への全袋検査では、2015年以降、放射性セシウム基準値超の発生件数は0件。福島県産米の安全性が評価されています。

令和2年1月31日(金) 二本松市にて第13回研究活動懇談会を行いました。

●日 時:令和2年1月31日(金)
●場 所:二本松市男女共生センター

この懇談会は、研究成果を地域に還元するために2016年より開催しているもので、当研究所にとって重要な活動です。第13回目となる今回は、「福島の林業復活に向けて」と題し 森林環境及びその産業に焦点をあて、帰還困難区域の森林における放射能の影響を研究するヴァシル ヨシェンコ特任教授、環境省東北地方環境事務所所長である小沢晴司氏の2名の講演を行いました。林業関係者や帰還困難地域に関わりのある市民の方など76名の参加がありました。

ヨシェンコ特任教授はこれまでの研究結果から、森林内の放射性セシウム濃度が減少するスピードが緩慢であることを報告しました。その理由として、森林生態系中に蓄積された放射性セシウムが降雨や落葉によって葉や樹皮から土壌に移動し、根から吸収され再び地上のバイオマス(有機物)に還る循環移動があることを挙げています。また、チェルノブイリ原発事故の影響を受けたウクライナでは、安全な木材利用の促進のため、木材の放射性物質濃度基準値が用途に応じて設定されていることについて説明しました。小沢所長は、森林が福島県内の多くの割合を占める重要な要素であるとして、県が推進する「ふくしま森林再生事業」の枠組みや、その中で行った林業への関心を高めるスタディツアーなど、復興に向けた取り組みの紹介を行いました。

本会は、福島の森林や林業と様々な形で関わる方々にとって有益な情報共有や意見交換の場となることを目的としましたが、来場者には故郷が帰還困難区域に指定された住民の方も多く、会場からは林業や除染に関する質問が多く挙げられました。本会の開催についてのコメント、改善点などを様々なご意見をいただきましたので、今後の活動に活かしていきたいと思います。


(写真左)懇談会の様子。 (写真右)ヨシェンコ特任教授(左)と難波謙二教授。


(写真左)講演を行う小沢所長。 (写真右)意見交換の様子。難波教授は当日のファシリテーターを務めた。

令和2年1月24日(金) 京都大学にて第12回研究活動懇談会を行いました。

●日 時:令和2年1月24日(金)
●場 所:京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールⅠ

この懇談会は、研究成果を地域に還元するために2016年より開催しているもので、当研究所にとって重要な活動です。第12回目となる今回は、京都大学フィールド科学教育研究センター、京都大学大学院情報学研究科との共催として開催し、市民の方や研究者の方など約120名の参加がありました。

「福島の森・里・川・海の今 ~放射能問題からウナギ・カレイの新発見まで~」と題した今回の懇談会では、福島の環境を舞台に二つのテーマを設定しました。ひとつは「放射能汚染の影響を受けた福島」です。5名の研究者が農業、森林、野生動物、海中、魚類とそれぞれのエリアで受けた放射能による影響、またその事故から年月を経た現在の状況について発表を行い、放射能による健康へのリスクは低いものであることが示唆された一方、依然として研究を継続する必要性があることが話されました。

もうひとつのテーマは「福島の魚類生態」で、4名の研究者が発表を行いました。その個体数が増加し、阿武隈川の在来生物に対する影響が懸念される外来種の「チャネルキャットフィッシュ」や、近年個体数の減少が著しい松川浦の「ニホンウナギ」など、福島に分布する魚類の生態系には様々な問題が起こりつつあります。福島大学と京都大学では、今ある生態系の保全を目的にその生育環境、あるいは生態の調査を行ってきました。このプログラムでは、その共同研究で明らかになった魚類生態やその研究手法が話され、環境の維持だけでなく、それを利用してきた漁業産業の維持についての議論も行われました。

今回の研究活動懇談会は、当研究所として初めて、関西圏の方々に向けた報告を行う場として開催し、異なる角度から見た福島の環境問題について、多くの方に関心を持っていただくことができました。今後も、研究成果の発表や福島について知っていただく機会として、活動を継続してまいりたいと考えています。


(写真左)シンポジウムの概要について説明する和田准教授。 (写真右)前半のプログラムを終え、参加者の質問に答える教授たち。


(写真左)意見交換の様子。左から塚田祥文所長、大手信人教授(京都大学)、 石庭寛子特任助教、高田兵衛特任准教授、荒井修亮教授(京都大学)
(写真右)意見交換の様子。左から三田村啓理准教授(京都大学)、山下洋教授 (京都大学)、野田琢嗣研究員(京都大学)


(写真左)挨拶を行う山下洋教授。 (写真右)シンポジウムの様子。

令和元年7月30日(火) 浪江町にて第11回研究活動懇談会を開催しました。

●日 時:令和元年7月30日(火) 
●場 所:福島県浪江町

この懇談会は、研究成果を地域に還元するために2016年より開催しているもので、当研究所にとって重要な活動です。第11回目となる今回は、主に浪江町立野地区の農家のみなさん17名にお集まりいただき、当研究所塚田所長との座談会形式で行われました。

「農業環境における放射性セシウム等について」をテーマに、放射線についての基礎的な説明から始まり、農業土壌の質が土壌に含まれる放射性物質(主にセシウム)の植物への移行量に影響することなど、やや専門的な内容にも触れながら、農業を軸とした幅広い話題が提供されました。

浪江町では平成26年度から「浪江町農業再生プログラム」として、浪江町地域農業再生協議会がまとめた復興計画に基づき営農再開への取り組みを続けています。会では、震災前にこの地域で盛んだった畜産の今後の再開に向けた発言や、農家の方が圃場での作業を通じて感じてきた放射能への疑問、農業の安全を担保する研究を希望する声など、多くの意見交換がなされました。


(写真左)説明を行う塚田所長。 (写真右)会では参加者との活発な議論が行われた。

平成31年3月2日(土) 郡山市にて第10回研究活動懇談会を行いました。

●日 時:平成31年3月2日(土)13:30~16:00
●場 所:福島県郡山市ビッグアイ7階

この懇談会は、研究成果を地域に還元するために2016年より開催しているもので、当研究所にとって重要な活動です。第10回目となる今回は、蔵前工業会(東京工業大学同窓会)福島県支部との共催として開催し、市民の方や自治体職員の方など65名の参加がありました。

今回の研究活動懇談会は、「福島県の放射能の今~淡水魚から考えよう」と題し、内水面水産業と放射能をテーマとしました。内水面とは、河川や湖沼を指す言葉です。鮎(アユ)や公魚(ワカサギ)、鯉(コイ)など、福島県は淡水魚の食文化が豊かで、釣りは人気のレジャーです。 私たちの生活にも深く関わるこのテーマについて、当研究所(難波教授、和田准教授)だけでなく、東京工業大学、福島県、郡山市、阿武隈川漁業組合に所属する様々な立場の専門家5名から発表がありました。 参加者からは、科学的な発表だけでなく産業分野の話題もあったことを高く評価する声がありました。一方、専門的な研究には、より平易な説明を求める意見もありました。皆様のご意見は今後の運営の参考とさせていただきます。


(写真左)講演を行う堀江清志塾長(阿武隈川漁業協同組合)。
(写真右)意見交換の様子。奥側左から、和田敏裕准教授、加藤明准教授(東京工業大学)、藤田恒雄場長(福島県)、箭内勝則主幹兼課長補佐(郡山市)。

平成30年11月16日 相馬市にて第9回研究活動懇談会を開催しました。

●日 時:平成30年11月16日(金)10:00~12:00
●場 所:福島県相馬市

平成30年11月16日(金)相馬市にて、共生システム理工学類(当研究所兼務)難波謙二教授、コロラド州立大学から来日中のトーマス・ジョンソン客員教授による研究活動懇談会を開催しました。

自然環境や野生生物の調査研究では、地域の方の協力を仰ぐことは少なくありません。この懇談会は、研究成果を地域に還元するために2016年より定期的に開催しているもので、当研究所にとって重要な活動です。今回は主に農家の方にお集まりいただきました。

難波教授は、帰還困難区域の放射線量の推移、そして同区域に生息するイノシシやその他の野生動物について話しました。 長期低線量放射線被ばくの動物への影響について研究するジョンソン客員教授は、帰還困難区域と放射線量が低い地域に生息するネズミの比較によって得られた研究結果を話しました。
参加者からは「放射線についての噂と、データの結果が違うことに驚いた」という意見があがりました。


発表を行うトーマス・ジョンソン客員教授(左)と難波謙二教授(右)

平成30年6月29日 双葉町役場いわき事務所にて第8回研究活動懇談会を開催しました。

●日 時:平成30年6月29日(金)
●場 所:福島県いわき市

双葉町役場いわき事務所にて、第8回研究活動懇談会を開催しました。当研究所の和田敏裕准教授より、双葉町における魚類および周辺環境の放射性セシウム濃度についての報告を行いました。その後、難波教授も加わり環境水や魚類の放射性セシウム濃度に関する質疑応答がなされました。

また、石庭寛子特任助教からは放射線がアカネズミに及ぼす影響について説明を行いました。双葉町の皆様のご協力も含め、福島県内を対象とした研究を行う予定です。

平成30年5月29日 阿武隈川漁業協同組合にて第7回研究活動懇談会を開催しました。

●日 時:平成30年5月29日(火)
●場 所:福島県福島市

福島市飯坂地区に位置する阿武隈川漁業協同組合にて懇談会を開催しました。阿武隈川漁協の堀江事務局長、当研究所の難波教授、和田准教授、および本学共生システム理工学類の学生が参加し、阿武隈川水系における河川水、魚類の放射性物質濃度の現状を報告しました。特に、重点調査を行った伊達市布川の渓流域に生息するヤマメやイワナでは、依然として基準値を超える検体が散見される実態や、その要因等について意見交換を行いました。

原発事故の影響により魚類の採捕・出荷制限等の措置が継続している阿武隈川ですが、事故前は、4,000人以上にのぼる組合員が、漁業、教育、趣味等といった様々な活動を行っていました。当研究所では、今後も阿武隈川での活動再開に向けた研究活動を行って行きます。

平成30年1月24日 浪江町で第6回研究活動懇談会を開催しました。

●日 時:平成30年1月24日(水)
●場 所:福島県浪江町

ヴァシル・ヨシェンコ特任教授が浪江町内で調査を行っているマツ・スギ・ヒノキの現状と対策について報告しました。今回は浪江町の林業関係者を対象に行ったもので、31名の参加がありました。

ヨシェンコ特任教授は最初に、どのような仕組みで樹木が放射能に汚染されたかを、図を用いて説明しました。次に現在まで解っている汚染状況を説明し、最後に考えられる対策について話しました。 報告後、参加者からは「林業の復興のために今後も環境放射能研究所の先生たちと継続的に交流を図り、次世代に向けて出来ることについて共に協力していきたい」と意見が出されました。


(写真左)発表を行うヴァシル ヨシェンコ特任教授
(写真右)懇談会の様子

平成29年11月25日 日本科学未来館(東京都)にて第5回研究活動懇談会を開催しました。

●日 時:平成29年11月25日(土)13:00~16:00(受付12:30~)
●場 所:日本科学未来館 7F未来館ホール

東京都の日本科学未来館にて、テーマを「福島の避難地域の野生生物のいま」とし、福島県外の市民に福島の現状を知ってもらうことを目的として、本研究所に所属する3人の教員が研究発表を行いました。今回は県外初の東京での開催となり117名の参加者がありました。
後半の参加者と発表者の意見交換の時間では、多くの手が挙がり、発表内容に関する質疑だけでなく、本研究所の活動に期待するなど参加者からの声を聞く貴重な時間となりました。終了後も、東京での継続開催を希望する声が寄せられました。

タイトル 発表者
環境中における放射性セシウム(Cs)の”ふるまい”と福島の状況
Behavior of Radiocaesium in the Environment and Its Status in Fukushima
塚田祥文
福島高線量地域に生息する野生生物の状況~消滅か繁栄か?~(逐次通訳)
Wildlife in Fukushima's highly contaminated areas…perished or thriving?
トーマス・ヒントン
原発周辺水域における魚類の放射性セシウム汚染状況
Radiocesium contanimation levels of fish inhabiting water bodies near the FukushimaDai-ochi Nuclear Power Plant
和田敏裕

会場の様子 塚田祥文 副所長
トーマス・ヒントン 教授 和田敏裕 准教授
意見交換会の様子 (左から)塚田祥文教授、トーマス・ヒントン教授、難波謙二所長、和田敏裕准教授

平成29年7月29日 アクアマリンふくしまにて第4回研究活動懇談会を開催しました。

平成29年7月29日、環境放射能研究所研究活動懇談会をアクアマリンふくしまにて開催しました。
第4回となる今回はサブタイトル「海域の放射能汚染:これまでとこれから ~福島県の漁業復興に向けて~」とし、本研究所からだけでなく、震災後に研究に取り組んでいる、福島県内水面水産試験場、東京海洋大学、中央水産研究所、ふくしま海洋科学館(アクアマリンふくしま)より、それぞれの専門分野におけるふくしまの海について報告、発表を行いました。
研究者報告の後は発表者と会場との意見交換を行い、発表内容に関する疑問や今後、知りたい調査内容についてのコメントなど、活発な議論が交わされました。

●日 時:平成29年7月29日(土)10:30~15:00
●場 所:アクアマリンふくしま 1階マリンシアター

タイトル 発表者 所属 資料
開会のあいさつ 鈴木哲二 福島県漁業協同組合連合会専務
研究活動懇談会について 和田敏裕 福島大学准教授
福島県沿岸から北太平洋域での放射性物質の長期の動き 青山道夫 福島大学特任教授
水産物は安全なの? 森田貴己 中央水産研究所 放射能調査グループ長
福島県における海産魚介類のモニタリングと水産業の現状 根本芳春 福島県水産試験場 漁場環境部長
海洋生態系における放射能汚染の推移 石丸 隆 東京海洋大学特任教授
底魚と海底土の放射性セシウム濃度 重信裕弥 中央水産研究所 放射能調査グループ 研究員
アクアマリンふくしまの取り組み~ふくしまの海は今~ 富原聖一 ふくしま海洋科学館 アクアマリン緑の水族館環境研究所 獣医師
閉会のあいさつ 難波謙二 福島大学教授(環境放射能研究所長)

平成29年(2017年)1月27日 南相馬市にて第3回研究活動懇談会を開催しました。

 第3回となる環境放射能研究所研究活動懇談会を南相馬市役所にて開催いたしました。
 今回は「新田川・真野川水系の現状」と題し、本研究所からだけでなく、福島県内水面水産試験場や国立環境研究所で行っている新田川、真野川、その流域での研究活動についても報告しました。
 「河川のセシウム濃度について、河川水中のセシウム137濃度の経年変化は予測値より低く、とくに除染が進んでいる上流の地点で低下が著しいことから、除染によって濃度の低下が促進されたと考えられる」「新田川・真野川水系に生息する魚類の放射性セシウム濃度は事故直後に比べて大幅に下がっている一方で、基準値を上回る個体も確認されたことから、今後もモニタリングを継続すべきである」等の発表をしました。
 研究者報告の後は質疑応答の時間とし、参加者から発表内容に関する疑問や提言など、活発な議論が交わされました。

●日 時:1月27日(金)午後1時30分から午後4時30分
●場 所:南相馬市役所本庁舎2階
●発表者:
   和田敏裕(福島大学環境放射能研究所准教授)
   脇山義史(福島大学環境放射能研究所講師)
   森下大悟(福島県内水面水産試験場)
   鷹﨑和義(福島県内水面水産試験場)
   林 誠二(国立環境研究所 福島支部 研究グループ長)


平成28年(2016年)11月21日 大熊町にて第2回研究活動懇談会を開催しました。

 第2回となる環境放射能研究所研究活動懇談会を大熊町役場いわき出張所にて開催いたしました。 本研究所は避難指示区域などをフィールドとして、各地方自治体の職員の方々や、地域住民のみなさまのご理解・ご協力のもと研究を行っています。なかでも大熊町にて実施している研究テーマは多く、今回はそうした研究を中心に研究報告を行いました。
 報告後は、来場者が発表研究者に質問したり、研究者が来場者に地域の現状についてお話しを伺う時間としました。今回お越しいただいた参加者の意見については、本研究所でのこれからの研究活動に活かしてまいります。

●日 時:11月21日(月)午後2時から午後4時
●場 所:大熊町 いわき出張所


平成28年(2016年)8月2日 浪江町にて第1回研究活動懇談会を開催しました。

 研究所の中でも野生哺乳類の研究を浪江町中心に行っているトーマス・ヒントン教授、奥田圭特任助教、また、ため池や水系の調査を行っているアレクセイ・コノプリョフ教授から各々の研究内容、これまでの成果について報告を行いました。IERのイノシシの研究で非常にお世話になっている浪江町猟友会の方8名にも参加して頂き、浪江町で関心の高いイノシシの生態、現状、その研究結果がもつ意味、対策などについて質問が数多く出されました。
 後半には、会場から研究結果のデータによって帰町への影響がどの程度でるものなのか、といった質問も出され、所長より、万が一政策決定に大きな影響がでるような結果が出た場合、関係省庁や住民の方々へお伝えする準備があること、またそのために住民の方とIERの懇談会といった話し合いの場を継続的に重ねていきたいとの展望をお話し、会を締めくくりました。

●日 時:8月2日(火)午後1時30分から午後4時30分
●場 所:浪江町本庁舎


奥田圭特任助教

トーマス・ヒントン教授

アレクセイ・コノプリョフ教授

開催のご相談も随時承っております。環境放射能研究所までお問い合わせください。
問合せ先 Tel 024-504-2114/Mail ier@adb.fukushima-u.ac.jp