English Japanese
研究成果

成果報告会

平成29年3月14日 第三回成果報告会

IERでは、一年に一度研究所全体の研究活動の成果報告を行っています。これは研究者だけでなく、広く福島の一般の方々にも研究内容・活動を知っていただくための重要な機会と考えております。
第三回は平成29年3月14日にコラッセふくしま多目的ホールで口頭発表、企画展示室でポスター発表を行いました。参加者は200余名で、13時からのポスターセッションでは、一般の方々が興味のある分野の研究者に直接質問を行うことができ、研究内容に対する疑問や要望を広く集める機会となりました。

9:30 開会挨拶 Opening Address 福島大学長 中井勝己
所長 難波謙二
Katsumi Nakai (President of Fukushima University)
Kenji Nanba (IER Director)
9:50 基調講演「人の被ばく線量と防護の考え方」
Keynote "Human Radiation Doses and Protection"
神田玲子(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所・放射線防護情報統合センター長)
Ms. Reiko Kanda (NIRS)
10:50 【河川・湖沼】水環境における福島由来の放射性セシウムのゆくえ
【River & Lake group】Fate and transport of Fukushima-derived radiocesium in aquatic environment
脇山義史
Yoshifumi Wakiyama
11:15 【生態系】生態系での放射性核種のうごきと動植物への放射線の影響について何がわかってきたのか
【Ecosystem group】Recent advances in understanding radionuclide movement in ecosystems, and the effects of radiation on plants and animals
トーマス・ヒントン
Thomas Hinton
11:40 (昼食休憩)Lunch Break
13:00 ポスターセッション Poster session (3階 企画展示室)
14:40 【存在形態】環境における放射性物質の分布と挙動を解き明かすための存在形態分析の適用
【Speciation Radiochemistry group】Application of speciation radiochemistry to understand the distribution and behavior of radionuclides in the environmental systems
イスマイル・ラハマン
Ismail Md. Mofizur Rahman
15:00 【計測・分析】放射性核種または放射能の計測・分析システムの開発
【Measurement & Analysis group】Development of Measurement and Analysis System for Radionuclide or Radioactivity
高貝慶隆
Yoshitaka Takakgai
15:20 【海洋】海洋環境における人工放射性核種の長期挙動の研究:海洋および海洋生態系の放射性セシウムの現状
【Ocean group】Long term behavior of artificial radionuclides in the marine environment: present status of radiocaesium in the marine and marine ecology
青山道夫
Michio Aoyama
15:40 【モデリング】放射性物質の動態予測モデルの開発(大気、表層水、地下水)
【Modelling group】Development of the modelling tools for the prediction of radionuclide dynamics in atmosphere, surface water and ground water
平尾茂一
Shigekazu Hirao
16:00 (休憩)Break
16:10 パネルディスカッション
福島における動植物の被ばく線量と人の被ばく線量
~そこから見えてくるもの~
Panel discussion "Radiation dose to wildlife and humans in Fukushima: what we are learning."
高村 昇(長崎大学)
神田玲子(QST・放射線医学総合研究所)
トーマス・ヒントン、ヴァシル・ヨシェンコ、塚田祥文
Hirofumi Tsukada (IER, Facilitator)
Thomas Hinton (IER)
Vasyl Ioshchenko(IER)
Noboru Takamura (Nagasaki Univ.)
Ms. Reiko Kanda (NIRS)
17:25 閉会挨拶 Closing Address 副所長 恩田裕一(筑波大学)
Prof. Yuichi Onda (IER vice director, Tsukuba Univ.)


平成28年3月7日 第二回成果報告会

IERでは、一年に一度研究所全体の研究活動の成果を一般の方へ向けて発表している。
平成28年3月7日にコラッセふくしま多目的ホールにて初めて学外で開催した。参加者は204名で、終始満席、立ち見の方もあり、“放射能”や福島の研究機関が行う研究活動への関心の高さをうかがい知ることができた。また、会の最後には、一般の方からの意見や質問を受け付ける時間を設け、研究者が市民の声をじかに聞き、意見交換する良い機会となった。

  題  名 発 表 者
開会挨拶 中井勝己福島大学長
所長挨拶 難波謙二研究所長
O-1 湖沼調査用モジュール構造型小型水中ロボットの開発
Development of a small and modular UROV for environmental surveying
高橋隆行
Takayuki Takahashi
O-2 放射性物質を含む鉱物の局所構造解析 -放射性セシウムを含む黒雲母の場合-
Local Structure Analysis of mineral by STEM -In the case of weathered biotite including radiocesium-
高瀬つぎ子
Tsugiko Takase
O-3 可搬型γ線スペクトロメータを用いた放射性核種のマッピングシステムの開発
Mobile Radiation Monitoring Research at IER
アラン・クレスウェル
Alan Cresswell
O-4 福島起源の放射性セシウムの土壌 -水環境における挙動-
Behavior of Fukushima-derived radiocesium in soil-water environment
アレクセイ・コノプリョフ
Alexei Konoplev
O-5 福島における流域スケールおよびプロットスケールの土砂移動にともなうCs-137の流出
Radiocesium wash-off associated with sediment dynamics in Fukushima
脇山義史
Yoshifumi Wakiyama
O-6 大規模洪水による放射性セシウムの再移動と海域への移行
Radiocesium redistribution and transfer to the ocean as a result of extreme floods
ヴァレンチン・ゴロゾフ
Valentin Golosov
O-7 福島原発起源の放射性物質の陸域から水系による移行
Radiocesium transfer by water and sediment discharge through river networks after the Fukushima NPP accident
恩田裕一(筑波大学)
Yuichi Onda (University of Tsukuba)
O-8 川内村復興推進拠点における長崎大学の活動
Activities of the Nagasaki University - Kawauchi Village Reconstruction Promotion Base
高村 昇(長崎大学)
Noboru Takamura (Nagasaki University)
O-9 放射線災害医学教育の新たな挑戦
New Challenges in Radioation Disaster Medical Education
大津留 晶(福島県立医科大学)
Akira Ohtsuru (Fukushima Medical University)
O-10 東電福島第一原発事故により北太平洋に放出された放射性セシウムの長期挙動
Long term behavior of radiocaesium in the North Pacific Ocean derived from TEPCO FNPP1 accident
青山道夫
Michio Aoyama
O-11 福島沖沿岸生態系への放射性セシウムの拡散
Radiocesium dispersion in coastal ecosystem off Fukushima
石丸 隆(東京海洋大学)
Takashi Ishimaru (Tokyo University of Marine Science and Technology)
O-12 ウニの初期発生に及ぼす放射線の影響
Effects of ionizing radiation on the early development of sea urchin
井出 博(広島大学)
Hirosi Ide (Hiroshima University)
O-13 放射性核種の生態系における環境動態調査事業 -分析、移行調査と線量評価-
Study on environmental dynamics of radionuclides in Fukushima -Analysis , Migration and Dose Assessment
青野辰雄(放射線医学総合研究所)
Tatsuo Aono (National Institute of Radiological Sciences)
O-14 阿武隈川における溶存態及び懸濁態微粒子放射性セシウム濃度のモニタリングについて
Monitoring of dissolved and particulate radiocesium concentration in Abukuma River water
難波謙二
Kenji Nanba
O-15 阿武隈川水系を中心とした福島県の淡水魚の放射性セシウム濃度
Radiocesium concentrations in freshwater fish in Fukushima, especially focused on the Abukuma River System
和田敏裕
Toshihiro Wada
O-16 津波被災および放射能汚染に伴う人間の移出が野生哺乳類群集に与える影響
Impacts of human migration on wild mammal communities due to Tsunami and radioactive contamination
奥田 圭
Kei Okuda
O-17 野生生物の放射線量測定のための新しい手法について
New methods for determining radiation dose to wildlife
トーマス・ヒントン
Thomas Hinton
O-18 福島の森林における放射性セシウムについて
Radiocesium in Fukushima forests
ヴァシル・ヨシェンコ
Vasyl Ioshchenko
O-19 土壌生態系の微生物とセシウム移行におけるその役割
Soil bacteria and their role in the redistribution of Cs in ecosystems
オレナ・パレニューク
Olena Pareniuk
O-20 放射性核種の存在形態研究-土壌および農業用水における137Csの存在形態とイネへの移行-
Study on physicochemical fractions of radionuclides -Fractions of 137Cs in soil and irrigation water and their transfer to rice-
塚田祥文
Hirofumi Tsukada
O-21 大環状物質を担持した固相抽出剤による水溶液中セシウムの選択的分離
Selective separation of cesium from aqueous matrix using an immobilized macrocyclic material containing solid phase extraction system
イスマイル・ラーマン
Ismail Md. Mofizur. Rahman
O-22 福島第一原発事故後の放射性核種の大気拡散モデリング -事故後の主な研究成果とこれからの研究予定について-
Modelling of the atmospheric dispersion of the radionuclides after the Fukushima Daiichi accident: overview of the main results of the post accidental period and the plans of the further developments in the IER
平尾茂一
Shigekazu Hirao
O-23 福島県に沈着した原発事故由来の放射性核種の集水域から河川網への流出モデリング
Modelling of the washing out of the radionuclide from the watersheds to the river network in the zones of the Fukushima Daiichi atmospheric deposition in Fukushima prefecture
セルギー・キーバ
Sergii Kivva
O-24 福島県の河川および貯水池の放射性核種の動態予測方と水浄化手法のモデルに基づく評価
Forecasting of radionuclide dynamics of river and reservoirs of Fukushima prefecture and model based justification of water remediation measures
マーク・ジェレズニヤク
Mark Zheleznyak
質疑応答 塚田祥文
閉会挨拶 トーマス・ヒントン


平成27年3月19日 第一回成果報告会

平成27年3月19日、環境放射能研究所研究員による福島で行った環境放射能の研究報告と、ゲスト講師による講演を行いました。

   タイトル講演者(職名等は開催当時)
開会/Opening
  Opening RemarksTakayuki Takahashi
高橋 隆行
Director
所長
環境研紹介/Introduction of IER
  Outline and Projects by the Institute of Environmental RadioactivityTakayuki Takahashi
高橋 隆行
Director
所長
存在形態/Speciation
  環境中における放射性核種の存在形態研究とその意義
Study on Physicochemical Form of Radionuclide in the Environment and its Significance
Hirofumi Tsukada
塚田 祥文
Professor
教授
地球科学+モデル/Earth Science + model
  Earth Science Division - Main Directions of Experimental and Modeling Studies, Modeling ToolsMark Zheleznyak
マーク・ジェレズニヤク
Professor
教授
  Radiocaesium Mobility in the ≪Soil-Water≫ System - Underlying Processes. Looking at Fukushima from a Chernobyl perspective Aleksei Konoplev
アレクセイ・コノプリョフ
Project Professor
特任教授
Valentin Golosov
ヴァレンティン・ゴロゾフ
Project Professor
特任教授
  Experimental Studies of Radiosecium Wash-off from the Watersheds and Observation of its Discharge in Niidagawa River BasinYoshifumi Wakiyama
脇山 義史
Researcher, Center for Research in Isotopes and Environmental Dynamics, University of Tsukuba
つくば大学アイソトープ環境動態研究センター研究員(4月よりIER講師)
  Modeling Studies of Cs Transport and Fate in Watersheds-Rivers-Reservoirs at FukushimaMark Zheleznyak
マーク・ジェレズニヤク
Professor
教授
Sergii Kivva
セルギー・キーヴァ
Project Professor
特任教授
  福島県沿岸の海水および海洋生物中の放射性セシウムとトリチウムの動態
Radiocaesium and Tritium Dynamics in Seawater and Marine Biota in Coastal Region at Fukushima
Michio Aoyama
青山 道夫
Professor(Fixed-term)
教授(任期付)
放射生態学/Radioecology
  Introduction of division Radioecological transfer and effectsKenji Nanba
難波 謙二
Vice Director
副所長
  Forest Project of IERVasyl Ioshchenko
ヴァシル・ヨシェンコ
Project Professor
特任教授
  Interception and Storage of Deposited Radionuclides in CropsStefan Bengtsson
ステファン・ベングトソン
Project Assistant Professor
特任助教
  Influence of Soil Bacteria on the Redistribution of Elements in the EnvironmentOlena Pareniuk
オレナ・パレニューク
Project Assistant Professor
特任助教
  Radioactive cesium accumulation in the Body of Wild BoarKei Okuda
奥田 圭
Project Assistant Professor
特任助教
  New Tools for Quantifying Radiation Dose to Free-Ranging WildlifeThomas Hinton
トーマス・ヒントン
Professor
教授
機器開発/Development
  Development of an Underwater Robot for Lake SurveyingTakayuki Takahashi
高橋 隆行
Director
所長
  Validated Mobile Gamma SpectrometryAlan Cresswell
アラン・クレスウェル
Project Associate Professor
特任准教授
特別講演とコメント/Special Lectuers
  JRODOS as an Example for a Model Decision Support System for Nuclear EmergenciesWolfgang Raskob
ウォルフガング・ラスコフ氏
Head of Group, Karlsruhe Institute of Technology(KIT)
ドイツ・カールスルーエ工科大学 部門長
  Stakeholders Engagement and Involvement in Nuclear Emergency Preparedness - RODOS Driven Workshops and ExercisesTatiana Duranova
タティアナ・デュラノヴァ氏
Emergency Planning Expert, Department of Safety Analysis, Nuclear Safety Division, VUJE, Inc.
スロバキア・原子力発電施設研究所 災害計画エキスパート
全体を通じての質疑/Q&A session
  Q & A coordinated by Prof. Nanba
閉会/Closing
  Closing RemarksKenji Nanba
難波 謙二
副所長