English Japanese
研究活動

共同研究・受託研究・奨学寄附金

▼ 共同研究について
民間企業、地方公共団体、独立行政法人、特殊法人等の外部の機関より研究経費を受入れて、対等の立場で共同して行う研究で、お互いの契約に基づき実施されます。

▼ 受託研究について
委託者(特に制限はありません)からの委託を受けて行う研究で、経費は委託者が負担し、お互いの契約に基づき実施されます。なお、研究の成果は委託者に必ず報告いたします。

▼ 奨学寄附金について
本学の学術研究奨励等のために受入れる寄附金です。受入れた寄附金は、寄附者の希望に基づき、本学の学術研究奨励のために活用させていただきます。
なお、福島大学では、寄附金の私的経理は禁止しています。個人が受けた寄附金および助成金も一旦大学に寄附し、大学が経理する規則になっております。

詳しくはこちらをクリック

 

共同研究一覧

 共同研究
年度 本学研究者 相手方 研究題目 開始日 終了日  
平成26年度 青山道夫 金沢大学環日本海域環境研究センター 環境試料中の極低レベル放射性セシウムの測定 平成26年3月28日 平成29年3月31日  
平成26年度 青山道夫 福島県水産試験場 海洋生態系における放射性物質の移行・濃縮状況の把握 平成27年3月1日 平成28年3月31日  
平成26年度 青山道夫 福島県水産試験場 海洋生態系における放射性物質の移行・濃縮状況の把握 平成27年3月2日 平成28年3月31日  
平成26年度 青山道夫 The impact of recent releases from the Fukushima nucleaR Accident on the Marine Environment COordination and iMplementation of a pan-European instrumenTfor radioecology 平成26年4月1日 平成29年5月31日  
平成27年度 難波謙二
(学内共同研究者)
青山道夫
和田敏裕
高橋隆行
北海道大学
東京海洋大学
東京電力第一原子力発電所沖沿岸域における人工放射性元素の動態と生態系の影響調査・研究 平成27年6月12日 平成31年3月31日  
平成28年度 高橋隆行 エスオーエル(株) 環境放射能動態研究に関わる部材の精密測定に関する研究 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 難波謙二
青山道夫
和田敏裕
福島県水産試験場 福島県の漁業復興に向けた海洋生態系における放射性物質の移行・濃縮状況の把握 平成28年5月13日 平成32年3月31日  
平成26年度 青山道夫 (一財)電力中央研究所 福島第一原子力発電所事故によって放出された放射性核種の海洋における挙動に関する研究 平成26年10月1日 平成27年3月31日  
平成27年度 青山道夫 (一財)電力中央研究所 福島第一原子力発電所事故によって放出された放射性核種の海洋における挙動に関する研究 平成27年4月1日 平成28年3月31日  
平成28年度 脇山義史 筑波大学 除染地を含むさまざまな土地利用における土砂および放射性セシウム流出プロセス  
平成28年度 青山道夫 (一財)電力中央研究所 福島第一原子力発電所事故によって放出された放射性核種の海洋における挙動に関する研究 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 青山道夫 金沢大学環日本海域環境研究センター 日本海における福島原発事故前後の放射性セシウムの長期挙動に関する研究 平成28年7月25日 平成29年3月31日  
平成28年度 青山道夫 弘前大学被ばく医療総合研究所 日本海域における東電福島第一原発事故起源放射性セシウムの再循環の研究 平成28年6月1日 平成29年3月31日  
平成29年度 脇山義史 筑波大学 除染が斜面スケールでの土砂および137Csの動態に及ぼす影響  
平成29年度 青山道夫 弘前大学被ばく医療総合研究所 日本沿岸域における東電福島第一原発事故起源放射性セシウムの再循環の研究  
平成29年度 青山道夫 金沢大学環日本海域環境研究センター 日本海における福島原発事故前後の放射性セシウムの長期挙動に関する研究 平成29年4月1日 平成30年3月31日  

 受託研究
年度 本学研究者 相手方 研究題目 開始日 終了日  
平成26年度 塚田祥文 (独)農業環境技術研究所 東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約及び移行モデルの開発 平成26年5月1日 平成27年1月31日  
平成27年度 奥田圭 南会津教育委員会 天然記念物「駒止湿原」におけるニホンジカの生息状況調査 平成27年5月11日 平成28年3月4日  
平成27年度 難波謙二 東京海洋大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成27年4月1日 平成28年3月31日  
平成27年度 難波謙二 広島大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成27年4月1日 平成28年3月31日  
平成27年度 難波謙二 長崎大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成27年4月1日 平成28年3月31日  
平成27年度 難波謙二 筑波大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成27年4月1日 平成28年3月31日  
平成27年度 塚田祥文 農業環境技術研究所 農業用貯水池へ流入・流出する放射性セシウムの予測技術の開発 平成27年8月4日 平成28年3月22日  
平成27年度 塚田祥文 福島県 野生動物の胃内容物等に含まれる放射性セシウム存在形態調査手法の開発 平成27年9月10日 平成28年3月22日  
平成28年度 塚田祥文 農業環境技術研究所
(代表者変更:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)
元は農林水産省
農業用貯水池へ流入・流出する放射性セシウムの予測技術の開発 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 難波謙二 (JST)国立研究開発法人科学技術振興機構 【SATREPS】チェルノブイリ災害後の環境修復支援技術の確立 平成28年6月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 青山道夫 (独)日本学術振興会 平成27年度二国間交流事業共同研究・セミナー「福島およびチェルノブイル事故後の汚染海底堆積物と海洋環境間の放射性物質の相互移行」 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 奥田圭 南会津教育委員会 天然記念物「駒止湿原」におけるニホンジカの生息状況調査 平成28年5月23日 平成29年3月24日  
平成28年度 難波謙二 東京海洋大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 難波謙二 広島大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 難波謙二 長崎大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成28年度 難波謙二 筑波大学 環境放射能の動態と影響を解明する先端的研究 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成27年度 難波謙二 文部科学省
(日本原子力研究開発機構からの再委託)
【英知事業】発電所隣接サイト外領域における放射性核種の環境動態特性に基づくサイト内放射性核種インベントリ評価に関する研究(表土深部・樹木内部における放射性核種分布特性と物質循環挙動に基づく移行挙動の解明) 平成28年4月1日 平成29年3月31日  
平成29年度 塚田祥文 農林水産省(農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境における有機物を介した放射性セシウムの循環メカニズムの解明 平成29年6月26日 平成30年3月22日  

 奨学寄附金・助成金
年度 本学研究者 相手方 研究題目 受入日 開始日(助成) 終了日(助成)
平成27年度 脇山義史 公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団 【公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団助成金】「貯水池水中における福島第一原発事故由来のセシウム137濃度時間変化とその要因」 平成27年8月11日 平成27年10月1日 平成28年9月30日
平成28年度 トーマス・ヒントン ノルウェー生命科学大学 ノルウェー生命科学大学寄附金 平成28年5月13日    
平成28年度 奥田 圭 公益信託 タカラ・ハーモニストファンド 公益信託タカラ・ハーモニストファンド研究助成 平成28年6月28日    
平成28年度 脇山義史 公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団 公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団助成金 平成28年8月3日 平成28年10月1日 平成29年9月30日