English Japanese
研究活動

大学院

環境放射能学専攻(修士課程)では,環境放射能に関連する諸課題に対応するため,人工および天然 放射性核種の環境中の動態を解明し,計測,モニタリング計画,制御,予測,評価などに 中長期的視点で総合的に取り組むとともに,それを環境防護,予測評価,環境修復,廃炉, 中間貯蔵,浄化などの課題解決ならびに学術の発展に積極的に挑戦しようとする強い意欲 を持つ人を対象として,柔軟な思考力,分析・観察力などを総合的に評価し,本専攻に相応しい人材を育成することを目的としています。

教育カリキュラム

詳しくは,LiveCampus 上にUPしている日程表(年度毎に更新)を参照してください。 以下のURLよりダウンロードできます。 URL:http://kyoumu.adb.fukushima-u.ac.jp/

本専攻には3つの分野があり,それぞれ以下のような特徴を持つ教育・研究を行っています。 そのいずれかに興味があり,自分に適合していると考える学生を求めます。

[生態学分野]

生態学,生物学,またはそれらを基礎とする放射生態学分野の研究を通して,専門的な 知識・技術・技能および,実践的な知識運用・課題解決能力,および多元的な視点から 事象をとらえようとする姿勢を育成する。

 担当教員 ※五十音順
石庭 寛子 特任助教 分子生態学、生態毒性学
ヴァシル ヨシェンコ 特任教授 放射生態学
兼子 伸吾 准教授 保全生態学、分子生態学
難波 謙二 教授 環境微生物学
和田 敏裕 准教授 水圏放射生態学、魚類生態学、水産資源生態学
共生システム理工学類との兼務教員

[モデリング分野]

地球科学,現象数理学,またはそれらを基礎とする放射能モデリング分野の研究を通し て,専門的な知識・技術・技能および,実践的な知識運用・課題解決能力,および多元 的な視点から事象をとらえようとする姿勢を育成する。

 担当教員 ※五十音順
アレクセイ コノプリョフ 教授 化学・放射線生物学
川越 清樹 教授 河川工学、水文学、自然災害科学
柴崎 直明 教授 地下水盆管理学、水文地質学、応用地質学
高田 兵衛 特任准教授 海洋化学、化学海洋学、環境放射能
平尾 茂一 講師 環境放射能学
マーク ジェレズニヤク 特任教授 環境水文学
横尾 善之 准教授 流域水文学
脇山 義史 講師 水文地形学
共生システム理工学類との兼務教員

[計測分野]

化学,物理学,機械工学,電気工学,またはそれらを基礎とする放射能計測分野の研究 を通して,専門的な知識・技術・技能および,実践的な知識運用・課題解決能力,およ び多元的な視点から事象をとらえようとする姿勢を育成する。

 担当教員 ※五十音順
イスマイル ラハマン 准教授 環境分析化学
高貝 慶隆 准教授 分析化学、分離化学、分子機能学
高瀬 つぎ子 特任准教授 物理化学、構造化学、有機金属錯体の光化学
高橋 隆行 教授 ロボット工学、制御工学
塚田 祥文 教授 環境放射生態学、微量元素分析、保健物理学
山口 克彦 教授 物性物理学、放射線科学
共生システム理工学類との兼務教員